乳がん検診の基礎知識


乳がん検診の基礎知識

乳がんは女性のがんの代表です。女性なら誰しもが気になる病気です。
乳がんは怖い病気ではありますが、がんの中では進行の遅いがんであることや予後がよいがんとして有名であることなどを考えると、早期発見で命が守れることがよくわかります。そこで大切なのが何と言っても検診です。
最近はピンクリボン運動などでも乳がん検診の大切さがアピールされていますし、マンモグラフィ検査の知名度も高くなってきました。乳がん検診を有効に受診するには、最初に検診についてよく知っておくことが大切です。まず検診をどこで受けるかですが、乳がんを専門に扱う診療科は乳腺科や乳腺外科です。ですから乳がん検診を専門に行うのも乳腺科や乳腺外科です。
女性のがんだからということで婦人科を受診する人もいますし、また婦人科でも婦人科検診の一端として乳がん検診を実施していることもありますが、乳がんの検診は乳腺科で受けると専門性の高い検査が受けられて安心です。

乳がん検診についてまとめました

乳がん検診は女性の健やかな毎日を支えるために大変重要な検診の一つです。乳がん検診は特に乳がんが増え始める30代以降の女性が積極的に受けたい検診ですが、主な検診内容は問診と触診に分けられます。
乳がん検診の問診では生年月日や家族で乳がんになった人がいるかの確認、生理周期や妊娠歴の有無など細かいところまで掘り下げて調べていきます。触診ではまず医師によって乳房を隅々まで触ってしこりが無いかを確認します。また、リンパ節の腫れや乳頭から分泌液などが出ていないかも確認します。
次に行うのは超音波検査かマンモグラフィー検査です。どちらの検査も触診だけでは発見できないような小さなしこりを発見したり、石灰化した小さな乳がん細胞までを見つけられるというメリットがあるため、乳がん検診では欠かすことの出来ない大事な検査です。
乳房の大きさに関係なく、女性ならばいつでも乳がんという病気にかかることは予想されるため、定期的に病院を受診するのがおすすめです。

乳がん検診をお探しならマーソ(MRSO)で検索!予約!